タクシーの支払い方法5つを紹介! | 横浜市の戸塚区・泉区・栄区を中心に営業のケイサンタクシー

配車専用

0120-094-913

子育てタクシーのご相談

045-812-1178

blog お役立ちブログ

タクシーの支払い方法5つを紹介!

「タクシーの料金は、現金以外に支払う方法があるの?」
「どうやって支払うのが一番おすすめ?」
こんな疑問を覚えた人は、多いのではないでしょうか。
実は、タクシーは現金だけでなく、さまざまな方法で支払うことができます。

この記事では、タクシーの支払い方法の種類や支払う際の注意点について、紹介しています。
それぞれの特徴を知り、タクシーを利用する際の参考にしてみて下さい。

タクシーの支払い方法5つを紹介!

タクシーの支払い方法

タクシーの支払い方法は、主に5つに分類されます。
それぞれの特徴や詳しい支払い方法について、みていきましょう。

現金で支払う

言わずと知れた、最も一般的な支払い方法です。降車時にドライバーから伝えられた料金を支払い、レシートを受け取ります。
現金払いで、よくあるトラブルに「1万円札で支払おうとしたら、お釣りがないといわれた」があります。
現金払いを考えている人は、小銭を多く用意しておくと面倒がないでしょう。

クレジットカードで支払う

クレジットカードで料金を支払うと、ポイントが貯まるというメリットがあります。しかし、カード払いに対応しているかどうかは、タクシー会社によって違います。使用可能かどうかを確認するには、乗車前にドライバーに聞くのが一番確実でしょう。

電子マネーで支払う

専用端末にタッチするだけで、決済できる電子マネー。中でもよく使われているのが、SuicaやICOCAなどの「交通系ICカード」です。
カード1枚で、タクシーに限らずバスや電車など、あらゆる交通機関に乗ることができます。プリペイドが多いので、事前に現金をチャージしておくことを忘れないようにしましょう。

アプリ決済を利用する

タクシー配車アプリは、タクシーを呼べるだけでなく料金の決済もできます。アプリに決済情報を登録しておくと、クレジットカードから引き落とされるシステムです。アプリ決済は、他の支払い方法と違い、事前に支払いを済ませられます。目的地に着いてから会計する必要がないため、時短になるのがメリットです。

タクシーチケットを使う

タクシーチケットは、必要事項を記入して、ドライバーに渡すだけで後払いができる券です。チケット契約者以外の人でも使えるので、接待相手に渡す場面もよくみられます。後日まとめて口座から引かれるため、経費管理が楽なのがメリットです。利用するには、事前に購入する必要があります。(審査が必要な場合もあります)

タクシーの支払いにおいて知っておくと良いこと

以上、タクシーのそれぞれの支払い方法について解説していきました。
加えて、支払う際に「コレを知っておけば良かった!」となりがちなことについて紹介します。

ドライバーにとって負担が少ない支払い方法

タクシーの料金の支払いは、5通りあると紹介しました。「その中で、ドライバーにとって最も良い支払い方法はあるの?」その答えは一概には言えませんが、釣り銭なしの現金だと、まず間違いないでしょう。逆に複雑なお釣りを出させてしまうと、かえって負担を掛けてしまうかもしれません。他には、降車時に必要事項を記入して渡すだけでOKなタクシーチケットも便利です。
対面で会計しなくていいという面で考えると、アプリ決済も双方にとって楽でしょう。

利用者におすすめな支払い方法

タクシー利用の頻度や目的によって、おすすめの支払い方法はそれぞれです。例えば、手間をかけずにスムーズに支払いたい人は、アプリや交通系ICが向いています。簡単に経費処理したい法人や、頻繁にタクシーに乗る人は、チケットを使うと便利でしょう。従来から慣れている現金払いが、一番気楽で良いという人もいるかもしれません。
つまりおすすめの支払い方法は、人や状況によって違います。大切なのは、自分に合った支払方法を選ぶことです。

クレジットカードが嫌がられる理由

「支払いはクレジットで!」と伝えたら、ドライバーに嫌な顔をされてしまった…。もしかしたら、そのような経験をされた人もいるのではないでしょうか。クレジットカードは便利ですが、実はドライバーにとっては不便に感じてしまうのです。端末を操作するのに時間や手間がかかってしまうから、というのもあります。しかし一番の理由は、売上金の一部がカード会社によって引かれてしまうことでしょう。クレジットカードを使用すると決済手数料が発生します。その金額はタクシー会社が負担するか、ドライバーの賃金から差し引かれてしまうのです。

つまり手数料の分、他の支払方法よりも少し損をしてしまうことになります。
特に理由がない限り、クレジットカードで支払うのは避けたほうが良いかもしれません。

支払いにおける注意点

クレジットカード、電子マネーが使えない場合もある

専用端末を使用するカード払いはスムーズですが、いつでも使えるわけではありません。
例えば、電波が悪い場所や突然の機械不良により、端末が正常に動作しないことがあります。
滅多にないことではありますが、念の為現金払いもできるよう備えておくのがベターです。

現金払いの場合、1万円札や5千円札の使用は極力避ける

通常のお店のレジと比べて、タクシーは釣り銭として出せるお札が少ないです。
ですから、小額の運賃に対して、1万円札や5千円札を出すのはなるべく控えましょう。
どうしても大きなお金しか持っていない場合は、乗る前にドライバーに確認して下さい。

交通系ICカードで払うなら、乗車前に残高をチェックする

交通系ICカードはプリペイドなので、運賃分の料金がチャージされていないと使えません。
チャージは、駅にある券売機やコンビニでできることが多いです。
残高の確認だけなら、ICカード対応の自動販売機や専用の読み取りアプリでもできます。
乗車前に金額が分からないと不安という方は、タクシーアプリでの配車依頼がおすすめです。

関連記事

Contact

お問い合わせ

配車専用

0120-094-913

子育てタクシーのご相談

045-812-1178