タクシーに安く乗るにはどうすれば良いの?料金の仕組みもチェック! | 横浜市の戸塚区・泉区・栄区を中心に営業のケイサンタクシー

配車専用

0120-094-913

子育てタクシーのご相談

045-812-1178

blog お役立ちブログ

タクシーに安く乗るにはどうすれば良いの?料金の仕組みもチェック!

普段からよくタクシーを利用している方なら、タクシー会社がこぞってタクシーアプリやクーポン券などを使用して顧客獲得のために奮闘していることを認識していることだと思います。

実は料金が高いと思って普段から敬遠しているタクシーには、安く乗ることができる方法や裏技が数多く用意されているのです。

本記事では、タクシーをできるだけ安く乗るためにはどうすれば良いかをまとめています。
タクシー料金の仕組みも解説しているので、今よりも便利な交通手段を利用したいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

タクシーに安く乗るにはどうすれば良いの?料金の仕組みもチェック!

タクシー料金の仕組みについて

タクシーをできるだけ安く使用したいなら、まずはタクシー料金の仕組みを把握しましょう。
そうすることにより無駄な費用をかけないで、タクシーをお得に利用することが可能になります。

タクシーを利用したときに支払う金額は、基本的には一定の距離まで金額が変わらない「初乗り運賃」と、その距離を越えて乗車した「加算運賃」の合計額となっています。
加算運賃は、「距離制運賃」「時間距離併用運賃」「時間制運賃」の3つで構成されていて、距離だけでなくタクシーに乗車していた時間によっても支払う料金は変わってきます。

タクシーを利用する際には、初乗り運賃と加算運賃に加えて、「深夜・早朝の割増料金」「迎車料金」「予約料金」「待機料金」などの追加料金が発生するケースもあります。

深夜・早朝の割増料金とは、その字の通りに深夜や早朝にタクシーを利用した場合にかかり、迎車や予約はタクシーを家や職場などに迎えにきてもらったとき発生します。
待機料金はその際にタクシーを自分の都合で待たせたときにかかる費用です。

タクシーに安く乗るための方法

高くて利用するのが難しいと思っているタクシーも、使い方によっては予想以上に安くすることができます。
以下に、タクシーに安く乗るための方法や裏技を紹介しているので、参考にしてください。

アプリを活用する

最近テレビCMでもよく見かけるようになりましたが、大手タクシー会社では利用者が便利にタクシーを利用できる配車アプリを用意しています。

タクシー配車アプリを活用すれば、電話よりも素早く希望する場所にタクシーを手配できるだけでなく、アプリをダウンロードしただけで割引クーポンなどのサービスをゲットできるケースもあります。

ポイントカードや回数券を利用する

タクシー会社の中には、独自のポイントカードや回数券を発行しているところもあります。
ポイントカードを所有すれば、ポイントを貯めてそれをタクシー料金に反映させることも可能です。

回数券を購入すれば、料金が割引などの特典を受けることができるようになっています。

相乗りを活用する

電車やバスよりも料金が高く設定されているタクシーですが、相乗りをすれば料金を大幅に安くすることができます。
普通乗用車タイプのタクシーには最大で4人まで利用可能なので、相乗りする人数が増えるほどお得となります。

相乗りする人が見つからないという方のために、相乗りしたい人をマッチングさせる専用アプリを用意しているタクシー会社も登場しました。
まだそれほど普及はしていませんが、今後は全国に拡大していくことが予想されます。

追加料金を発生させない

タクシーを利用する場合に「深夜・早朝の割増料金」「迎車料金」「予約料金」「待機料金」などの追加料金が発生することがあることを前述しましたが、これらをかけないようにすることで、料金を抑えることができます。

利用する時間帯を調整したり、タクシーの停留所などを把握したりしておくことで、追加料金の発生を回避させることは可能です。

道に詳しくなる

タクシーを利用する際に運転手に希望の道順を聞かれることがあると思いますが、道に詳しくなれば最短ルートを伝えることができるので、その分料金を安くすることができます。
自分で道に詳しくなくても、運転手に近道などを尋ねる工夫をするだけで、料金を安くすることが可能です。

進行方向に逆らってタクシーを停めない

タクシーを呼び止めるときには、進行方向に逆らって停めないようにすることで、無駄な費用をかけずに済みます。
良心的な運転手ならUターンするまでメーカーを動かさないでくれますが、乗車した瞬間から料金は発生すると認識しておきましょう。

タクシーを降りるタイミングに気をつける

タクシーから降りる瞬間に運賃メーターが回って、料金が加算された経験をお持ちの方も多いと思います。
タクシーは大体200m程度で料金が加算されるので、場合によっては目的地の少し手前で降車することで、タクシー料金を抑えることができます。

クレジットカードで支払う

タクシー料金の支払いをクレジットカードで行えば、ポイント還元があるので現金で支払うよりも実質料金を安くできます。
できれば、ポイント還元率の高いカードを利用しましょう。

ETC対応のタクシー会社を利用する

高速道路を利用する方は、ETC対応のタクシー会社を選択することで料金を抑えることができます。
ご存知の方も多いと思いますが、高速道路では一般レーンを使うよりもETCレーンの方が高速道路代は安くなります。

定額タクシーを利用する

観光地などを訪れたときや空港までタクシーを利用するときには、定額タクシーを利用することで料金をセーブできます。
はじめから料金が決まっているなら、道が混んでいても安心して利用できます。

割引制度を活用する

電車やバスと同じように、タクシーにも高齢者割引や身障者割引が適用されます。
高齢者や身障者でなくても、一定の距離を走行した場合に適用になる遠距離割引なども用意されています。

ただし、利用するタクシーによっては割引制度を導入していないケースもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

まとめ

タクシー料金は、「初乗り運賃」と「加算運賃」と「追加料金」で構成されていて、その合計額を降車時に支払う仕組みとなっています。

本記事で紹介したように、タクシー料金はちょっとした工夫で安くすることができ、相乗りなどを多用すれば、特別な割引制度を使わなくても他の交通手段よりも移動経費を浮かせることも可能となっています。

急いでいるときなどは電車やバスなどよりもとても便利な交通手段であるタクシーを、いろいろな方法で料金を安くして、ぜひ便利に使用してみてください。

関連記事

Contact

お問い合わせ

配車専用

0120-094-913

子育てタクシーのご相談

045-812-1178